方法はさまざま

鼠

大きな被害をもたらすねずみですが、ひと目につかないよう生活をするため、中々お目にかかることがないかもしれません。しかし、屋根裏や住宅の周辺にいたという確かな証拠があるかぎり、ネズミ駆除が必ず必要になってきますから、放置せず専門業者へ依頼をしましょう。ねずみは繁殖期になると多くの子を産むため、駆除をしても減らないと頭を悩ませる方が多いです。ここのところ、ネズミ駆除ができる粘着シートや薬を使って試みるケースがありますが、環境にすぐ慣れてしまうねずみだと同じ方法では効果的に退治することができません。増えすぎてしまい後始末ができなくなってきた、仕掛けてもネズミが引っかからない等の理由はネズミの習性が関係しているいため、より確実に駆除をするためにもネズミ駆除に詳しい専門業者へ相談をすることが近道になります。

ネズミ駆除で使われる主な方法は、粘着シートやネズミ専用の毒薬、超音波等があります。前者に挙げた粘着シートは手軽な値段で購入可能で、家庭や店舗で仕掛ける数はおよそ10枚とされています。一方、業者でも使われることが多い粘着シートは、10枚ではなく100枚という数のシートを使うため、ネズミを逃さずにキャッチすることができます。また、ネズミ駆除専門業者だと、自宅に住み着くネズミすべてを追い出すだけではなく、再発防止に努めてくれるため、二次被害に悩まされることがなくなります。ネズミ被害をこれ以上繰り返したくない方の大半は、専門知識を数多くもつ業者へ依頼をすることが多いので利用してみる価値は十分あるでしょう。